MgOSvwYmTbioFZzPUHOOPw.jpg

京屋の森

大分市中心部から東部郊外 敷地数千坪の森より

​私ども京屋本店の新しい歩みが始まります。

御神木にはイチョウ。入り口に佇むのは漆喰の蔵。

田んぼ、畑、竹林、手つかずの森…

ここには、心洗われるような大分の原風景があります。

「farm to table」と最近よく耳にしますが、

料理人であれば誰もが思い描く理想です。

「農場から食卓へ」の体現です。

私どもは、米づくり、野菜づくり、養鶏などに至るまで…

料理人自らが土づくりから始める道を選びました。

まな板の上、鍋の中から離れること。

本当に大切なことは、美味しいものを作ることの「外」にあると。

新しい時代に、新しい料理屋のカタチを。

あラタしい仕出し弁当屋の在り方を。

風薫る季節は、始まりの季節と。

その取り組みの先に、お客さまのより一層の笑顔に会えますことを信じて。